テーマ:

粟田焼

粟田焼をたずねて 作品の個展と同時に 解説やお話を聴ける というので、行ってみました。 こうやって全国行き来しているようです。 お話はとてもおもしろくわかりやすかったです。 昔からの粟田焼の作品も見比べながら 解説されました。 京焼って奥が深いです。 それから普段、個展というと 百貨店などの展示ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

檀ふみの茶の湯はじめ

婦人画報で連載していたときも おもしろいと思ったが (もともとこの方の文章は好き) こうして本になったので 亀ながら読む。 久しぶりの休日を読書に使えるというのは ありがたくも嬉しいことだ。(言っておくが皮肉ではなくて本気である)。 はっきりいって、 茶の湯をかじっている方なら どこかに 垂涎ノ的 となる方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎週お茶のお稽古

自学自習ができていないところが 難と申しましょうか。 とりあえず、お稽古に通う時間は いちばん楽しみで、 リフレッシュする時間であります。 まだまだ寒い感じなので、 3月の室礼とあまり変更がありません。 平蜘蛛釜 古天明 というものが出てきて、 本当に平たかったです。 ついつい松永弾正とか思ってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想 茶会潜入記―時空を超えた茶人の彷徨

なかなか楽しかった ざっとしか読めなかったのですが、 個々の茶道具をまざまざと思い浮かべられる方 花や懐石についても、リアルに思い浮かべられる方 にとっては、さらに楽しく面白いかと思います。 もちょっと集中して読みたかったのこと。。。        山猫屋@管理人 仮想 茶会潜入記―時空を超えた茶人の彷徨淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑穀とお米でつくるナチュラル和菓子 (講談社のお料理BOOK)

雑穀とお米でつくるナチュラル和菓子 (講談社のお料理BOOK) キッチンで作る茶席の和菓子 が一番ヒットだと思いますが、 こんなのも出しておられました。 美味しそうです。 もう少し工夫のしがいがありそうです。       山猫屋@管理人 雑穀とお米でつくるナチュラル和菓子 (講談社のお料理BOOK)講談社 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハシゴ

今日は小雨なのに 自転車で回ってます。 イベントに行って 講演会に行って 友人たちと遊びに行きます。 楽しい土曜日です。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰型の本

自費出版の灰型の本を 手に入れました。 とてもキレイな写真で わかりやすく 道具も載っていて 嬉しいです。 まずは、灰つくりから。 うふふ。 とても扱いやすくて 細かくて 灰色が美しい灰を 知っているので (写真もそうですが) 目指す目標は確かなのは ありがたいことだと思います。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すり鉢

全体真っ黒のすり鉢を発見。 4000円弱かあ。 うーみゅ。 通販なので 実際に手に取れないと 賭けすぎるなあ。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文楽初春公演

関西元気文化圏共催事業 国立文楽劇場開場25周年記念 初春文楽公演 http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/index.html 2010年1月3日(日) ~ 2010年1月24日(日) 休演日 2010年1月14日(木) 開演時間 ●第1部=午前11時(午後3時10分終演予定) ●第2部=午後4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶会記

仮想が一番おもしろそうだけど その流れもついでにメモ。        山猫屋@管理人 仮想 茶会潜入記―時空を超えた茶人の彷徨淡交社 谷 晃 Amazonアソシエイト by 茶会記の風景河原書店 谷 晃 Amazonアソシエイト by 茶会記の研究淡交社 谷 晃 Amazonアソシエイト b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

準備中

いろいろ準備中。        山猫屋@管理人 茶をたのしむ ―ハートフルティーのすすめ (日本人の癒し)現代書林 一条 真也 ユーザレビュー:なじみ深い「お茶」 ...お茶、たのしめます第 ...玉露のような本です☆ ...Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福猫

神在月の出雲★スタンプラリー というのに応募したら、 当たってしまった! 大社のお守り「福こづち」と 高田屋のもなか「雲太」(うんた) 年末に当たったので、 それからいつも 大黒様のこづちとともに 鈴を鳴らしながら歩いている。        山猫屋@管理人 ついでに。 おもしろげなサイト いずもる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初☆能

八坂神社にて 奉納能 http://ameblo.jp/nanao320/entry-10426236186.html 観世流は、今年から片山清司さんが翁。 茂山さんところも少なめに。 (これは、どちらかというと、  よく来れていたなあ  と感心していたので、さもありなん) 金剛流仕舞はいつもどおりのお方。 金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柚子

本日は冬至。 お日様は元気そうです。 柚子湯には入れなかったので 柚子のお菓子 彩雲堂の「柚衣」 はちみつゆず(インスタントの飲み物) で。 かぼちゃは、、、、 はて、どこにいったかな? とりあえず、ゆず! 柚子!        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

根津青山の茶の湯

新創記念特別展 第2部 根津青山の茶の湯 初代根津嘉一郎の人と茶と道具 http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html 2009年11月18日(水)~12月23日(水・祝) 日曜日の根津美術館。 実は、改装前には行ったことがなく、 行けると思ったときには、改装…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜月茶会

茶の湯文化同好会@清風荘 待合 書道部 作品「秋の風に・・?」 「八月潮・・・?」 本席 利休文 道斎宛 小壷の文  方南添え状(書き下し文) 宋胡禄 牡丹? 魚籠 唐物 中の掛子付き(12世紀?) 釜 ?  風炉、つきもの 水指 白磁風? 小棗 随流斎花押 茶杓 如心斎 主茶碗 天目 替茶碗 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万年筆博士

万年筆博士 http://www.fp-hakase.com/ 現在のできあがりは 申込から30ヶ月。 忘れたころの誕生日プレゼントのようだ。 ひとりひとりのカルテを作って それぞれのオリジナルを作成。 民芸のイカ墨セピアインクも捨てがたい。 金じゃなくてプラチナ(色だけでも) だったら好きなんだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煎茶

寒くなる頃には、 茶櫃を使われるとか。 中に、茶壷(茶を入れる壷)、 茶さじ、ふくさが入っているだけの 曲げ物、春慶塗。 外見は、家庭の茶道具セットを入れるものに 似ている。 炭手前もあった。 とても道具が小さくてかわいい。 茶碗の受け皿に カニの彫り 千鳥透かしの香炉が飾り棚にあった。 紅葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦秋文楽公演

錦秋文楽公演 2009年10月31日(土) ~ 2009年11月23日(月) ◆第1部 心中天網島  北新地河庄の段  天満紙屋内の段  大和屋の段  道行名残りの橋づくし ◆第2部 芦屋道満大内鑑  大内の段  加茂館の段  保名物狂の段  葛の葉子別れの段  蘭菊の乱れ 12日休み 13日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入用多困り入申候

田部美術館 常設展<四季の茶道具>「入用多困り入申候」 会期 7月28日~9月13日 内容 立秋の時候にふさわしい茶道具の取り合わせほか 開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 入館料 大人 600円(500円)  高大生 400円(300円) /( )内は団体料金 休館日 8月3・10日をのぞく月曜日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立美術館

今月でパートナーズカードが切れるので 最後の面会に行った。 相変わらず、隙なくきっちり整えられた庭。 館内で流しているビデオに、 庭師の仕事ぶりがあって、 ここがあるから、一地方であっても 庭師の技術と職が伝承されていくのかな なぞと思う。 そして、その仕事っぷりはとても勉強になる。 家の庭がいかにほったらかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身につまされる

きもの365日 はとても役立つ本だが、   何が役立つって、   日常着物を着るということをするとき   ちょっとした疑問に応えてくれるのだ。   1冊あると便利な家庭の医学事典   によく似ている。   他のきもの本だって役に立つが   これは、小さくて、みっしり詰まっていて、   ときどき笑えて、文字が多くて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地蔵盆

地蔵盆 というよりは 童子地蔵の供養 なのであった。 こちらにちょっこと出ているが、 詳しくは、 書籍を読んでみられるのがよかろうと存ずる。  吉田璋也著『鳥取の童子地蔵』『因幡の童子地蔵』など コンクリートブロックを積み上げた六角柱の中に 童子地蔵が立ち並んでいて、 空や壁から赤・黄・青の光が降ってくる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きもの365日

きもの365日 を思い出して どこに置いたか 探してみた。 見事発見し、読みふけった。 といいたいところだが、 少しずつしばらくかけて読んだ。 これからほぼ毎週着物を着ようと思うのだが、 色々準備がいるなあと思って 読み返したのだ。 とっても参考になる。 そして、とっても密度が高い。 情報が凝縮されて、在…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

松江きもの歩き手帖 2

松江きもの歩き手帖 1冊100円なんだけれど、 無料でいただいてしまった。 感謝感謝。 しかしとーぶん、きもので松江の予定はないのであった。 18切符中にできるだけ行ってみるかな。 きものの着付け方が 男女ともに載っていたのが特徴的。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅雪会 月釜

毎月第三日曜日が月釜です。 今回はレイクラインバスを活用。 一日乗車券も購入。 松江駅からレイクラインバスに乗車し 清光院下で降車。 南にまっすぐ下ると 愛宕神社の長い階段 その隣の砂利道へ曲がると お社の隣が紅雪庵 節句のしつらえ。 黒漆の脚付長櫃に布をかけ 兜を飾る待合 そこでお菓子もいただく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葵祭 2009

葵祭2009 今年の斎王代は 裏千家家元の娘さんです。 そうかーもうそんなに年が経ったのか~と感無量。 そーだよね。息子さんも大学生だもんね。 うーむ いやいや葵祭です。 晴天に恵まれ、人も相変わらずなことでしょう。 正確に言えば、 路頭の儀 社頭の儀 の儀式がある日ですな。 本来だったら、旧暦な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江きもの歩き手帖

松江きもの歩き手帖 と きもの都(まち)プロジェクトのブログ きものだより おまけに見つけたサイト 松江できもの暮らし 京都きものパスポート があり、(これはすでにゲット!) 金沢、丹後でも 似たような手帖を出しているらしいが 後2つは見たことなし。 松江は行く予定なので、ゲットを目指します。 京…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

利休をたずねよ

利休をたずねよ 歴史物 骨太 緑釉の小壺 これも、一気に読める時間がとれず、 随時読み。 美に仕えるか、権に仕えるかは それぞれが決めることだろう。 幽斎の章があれば読みたかったものだ。 そう、高山右近とか、荒木村重の話も。 逆に、少庵や道安から見た利休像も 欲しかったところだ。 きっと面白い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶茶の間

カフェ 通販 表参道の日本茶ソムリエのいるカフェ たくさんの種類のお茶があってさすが。 季節限定パフェをおすすめ茶とセットでいただいた。 紹介記事(All About) ゆっくりのんびりするのに とってもいい空間。 ソムリエの高いところからお湯を注ぐパフォーマンスは楽しい もっとも、なぜそうするのか不明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more