テーマ:

席主の仕事

席主の仕事 当日まで 道具組を考える (客を決める) (招待状を出す) 掃除をする 当日 点前をする 会話をする 運びをする 後日 お礼状を書く 席主がどの立場を選ぶかによって、 当日のお仕事は 点前をするし、会話もするし、運んだりもするか、 会話だけに徹するか、 で~まだ1人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堪庵での茶会

お祝いの茶会をこじんまりとされた。 同席の方には、同級生であるけれども まったくお茶を知らない方もいらしていたが、 ものづくりに興味がある感じで、 どうやら、場合によってはとても お茶にはまりそうな方だった。 類友だね。うん。 その席の正客を仰せつかったのだが、 例によってぼけぼけだった(orz お席は、いかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堪庵

http://www.kyohaku.go.jp/jp/riyou/shisetsu/chashitsu/index.html 京都国立博物館の茶室、堪庵 金森宗和(1584~1656)好みの大徳寺真珠庵「庭玉軒」を写したとされる。 正門から東に行く庭園には 李朝時代の墳墓にあった石像類が 多く立ち並んでいる。 石柱に支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春

立春です。 大昔の正月です。 旧暦の元旦と 立春が 来てしまうと、 やっと春! って感じがしますね。 というわけで? 1101こと ほぼ日手帳のSpringを確保しよう! …としたら カズンが売り切れでした。。。 うそぉ。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元旦と節分

今日は元旦ですが、 平日でもあるわけで 元旦らしいことをするのは やっぱり難しいなあと思う猫。 で、ついつい。 節分の恵方巻き に夕食は走りました。 ラクなんだもん。 ま、 おせち料理でも お雑煮でも 決まってるので ラクといえばラクなんですけどね。       山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦夜

実は、今日は大晦夜。 とはいえ、お飾りも何もしていない猫。 そばメニューだけは決定? 節分も そば と 巻き寿司 でメニューが決まってて ラクでいいなあ(爆        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の歌会始の御題は 葉 です。 かがやけるそらをあおいですかしみる 葉脈のごときてのひらの赤 葉脈のかたちに光射すときは 大地の血潮 脈打ちにけり いじょ。 来年の歌会始の御題は 岸 です。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草

人日の節句 というのが1月7日で 若菜を摘んで 七草を刻んで お粥を作って食べる。 若菜を摘みには行きませんでしたが、 七草もそろいませんでしが、 一応、貝割れ大根とか、大根菜とか おまけにさつまいもも入れてみたりして、 今日の朝ご飯は お粥です。 君がため春の野に出でて 若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶経の茶を再現

先日、茶経を再現したお茶をいただきに とある奈良の山中まで行ってまいりました。 好天に恵まれ、山中までの足も無事確保。 山からの景色はとても素晴らしく 奈良市街が一望できました。 行ってまいりましたのは、奈良遷都1300年祭で 7000人にふるまわれた 天平茶会の本格派版です。 『茶経』の世界を体験 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珠光の庵

先日よい機会に恵まれ、 全県制覇!を目指すお茶会演劇を鑑賞してきた。 http://www.jukou.info/ ちなみに小劇場と、そこで行われる演劇のことを、 フリンジ(房、中心に対する端)シアター(劇場) と呼ぶのだそう。 なので、鑑賞というより、 参加型演劇といえるかも。 小さいので、観客と演者との一体感が味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白菜

白菜がやってきた。 といっても この辺りでは当たり前の いただきもの ではなくて、 買いましたものです。 5個入り500円という 破格値。 白菜大好きなので、 ほくほくと、 持って帰りましたとさ。        山猫屋@管理人 白菜の本 (生活実用シリーズ NHK「きょうの料理ビギナーズ」mini…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶筌供養

茶筌供養に行った。 お茶をいただいた。 セールをしていた。 よさげな品はあまりないが、 安いんだろうとは思う。 最近、正座が続かなくて 足が痛くて困る。 全体に身体がしびれやすくなっている。 要するに運動不足だろうか。 そういえば、某所で 茶筌 が 調理道具 に分類されていたなあ。 お茶をして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正午の茶事

先日、正午の茶事に お招きいただきました (というか、押しかけたというか(笑 巻紙でのご招待、 お返事 当日は、正午席入り 寄付で湯をいただき、 待合で色紙と煙草盆を拝見し、 懐石から初炭、お菓子で中立、 濃茶、後炭、薄茶 のフルコースのもてなし。 心尽くしの名残の秋をいただきました。 とてもご亭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏像修理100年 / 至宝の仏像

なら仏像館 開幕記念 特別展 至宝の仏像 特別展 仏像修理100年 いずれも奈良国立博物館 2010年7月21日~9月26日 招待券をいただいたので 行ってみました、最終日。 今年は奈良2回目ですが、 通年はそんなに行きません。 やっぱり奈良年なんでしょうね。 さて、仏像修理は、 科学的な知識と研究に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺観月特別茶会

http://sennen-kokoroe.jp/plan_d_sen.php 京都・千年の心得 という観光イベントの中で、 京の夏の旅にも掲載されていた 建仁寺観月特別茶会。 四頭茶会が体験できる&夜の建仁寺が体験できる とあって、申し込みました、ただし25日限定で(笑 キャンセル待ちだったのですが、 あっさりOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月

今日は秋分の日で、 お彼岸の中日で、 十六夜で、 満月です。 昨日が仏滅なので、 当然、今日は大安です。 意味がよくわからない方は こよみのページ を読んでみましょう。 猫がたいへん、便利に活用させていただいているページです。        山猫屋@管理人 暦を知る事典東京堂出版 岡田 芳朗 ユーザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

萩祭@梨木神社

梨木神社@京都は 萩の名所。 毎年、お彼岸頃に 萩祭と俳句大会が行なわれる。 といっても俳句大会って どこでどう集めたり判定したりしてるのか、 全然知らない。 ただ、萩の茂みに、短冊がゆらゆら揺れているのが 面白い。 ところで、○年前は ちゃんと萩が盛りでしたが、 よく考えたら、ここ近年は 萩が咲かないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落合ほたる

落合ほたる http://www.otiaihotaru.com/ という江戸のキモノ業界の若手が集まる会がある。 キモノ業界といってもいろいろあるが、 こちらは、 江戸小紋 江戸友禅(東京友禅) 湯のし などの、作り手側のほうだ。 とくに、湯のしは面白そうだ。 毎年スタンプラリーをして 工場見学をさせてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満月

月の進行だけはチェック中。 いずれ旧暦で暮らしたいもの。 そして今日は 満月。 日付としては十六夜 近頃、毎日、晴天なので 月もよく見えます。        山猫屋@管理人 お天気博士の四季暦―風と光と花の記 (1985年)文化出版局 倉嶋 厚 Amazonアソシエイト by 銀河意識へア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰型

灰をふるって乾し、 灰をふるって灰型を作る。 前者は炉の灰、 後者は風炉の灰 草木灰から作るので、 まずアク抜きからだけれども、 なんか、そんなにアクもないかもしれん。 湿った灰は、土に似ていて、 囲炉裏を砂場と間違えて遊ばせた母親の話も まあ仕方ないかなと思ったりする。 知らないっていうのはそういうこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

端午の節句

やっと 旧暦で 端午の節句 がやってきた。 これはもともと 女性の節句だったこともある。 武士社会になってからは 菖蒲=勝負=尚武 ってことで いつのまにか こいのぼり やら 武者人形 やらに代表される 男の子の節句 に変わってしまった。 今は、男女の別なく 子どもの節句だが。 節句と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寛の会発足十周年記念 寛治を聴く会

寛の会発足十周年記念 寛治を聴く会 5月30日(日) 奈良能楽堂にて 13時開演(12時半開場) 鎌倉三代記 三浦之助母別れの段    豊竹 咲甫大夫    鶴澤 寛太郎 壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段    竹本 津駒大夫    竹本 千歳大夫    豊竹 咲甫大夫    豊竹 睦大夫    鶴澤 寛治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秀吉・利休展

秀吉、利休に関するものを展示 といいつつ、明治天皇ご愛用の 銀瓶なんかも出ていたり。 さて。 利休の文やら秀吉・信長の文やらあったのだが、 気になったのは、 明治天皇お手元の銀の酒器。  唐草的線彫りが好き。 淀殿の、和歌を書いた軸。  表具が面白かった。上に刺繍の布が置いてあるのだ。  たぶん、着物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯の締め方

いつも、帯がゆるい気はしていたのだが、 自分で締めるときには、 なかなかギュッと出来なくて まあ、こんなものか と思っていたところ、 今回、面白い締め方を知った。 上下に動かしながら締めるのだ。 すると、それほど締め始めを押さえていなくても ぎゅっぎゅっと締まってくれた。 加減しないと、苦しくなるくらいだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おでかけ着物歳時記

別に、きものに限定しなくても使える歳時記。 新暦仕様。 たとえば、 神猿を まさる と読むのを 初めて知った。 おもしろい。 歳時記を示すのは、図や絵でなく、 物 すなわち着物と着物関係の小物 これだけたくさんの種類が見られるのが 楽しい。        山猫屋@管理人 おでかけ着物歳時記小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の着物

夏の着物に迷って まとめて本を借りてみる。 美しいキモノの夏号を数年分 きもののエッセイ本をいくつか お手入れの本<これは余計。 きもの特集号 きもの小物集など しかし、本を借りたからといって 求めるものが微妙にずれているので なかなか自分好みを探すのは 難しく、やっぱり迷うのだった。 近くに悉皆屋さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は葵祭、今日は月釜

といっても、これは京都の話。 もっとも、地元でも月釜、 あちらでも月釜。 第三日曜日やら 第二日曜日やら 月釜をしているところは多いですよね。 さすがにハシゴをするほど釜がかかっていません。 そして、いつか、かける側になりたいもんです。        山猫屋@管理人 【台南セット】台湾産 凍頂烏龍茶/碧螺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田重子コレクション&岡重コレクション展

池田重子コレクション&岡重コレクション展 4月29日(木・祝)~5月9日(日) 会場 京都文化博物館 別館ホール 開始時間 午前10時~午後6時 ほかも素晴らしいのだが、特に 翡翠の帯留コレクションが素晴らしい。 アール・デコの帯留コレクションもすてき。 たぶん、夜会巻用のかんざしだと思うが、 アイデアが素晴らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷泉家 王朝の和歌守展

冷泉家 王朝の和歌守展 2010年4月17日(土)~6月6日(日) ※作品保護のため、前期と後期で全作品を入れ替える予定です。 前期:2010年4月17日(土)~5月9日(日) 後期:2010年5月12日(水)~6月6日(日) 午前10時-午後6時 ※金曜日は午後7時30分まで(入室はそれぞれ30分前まで) 休室日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷泉家特別公開

ゴールデンウィーク中 冷泉家の特別公開があった。 冷泉家(wiki) 御所の北にあるので 阿吽の玄武が門の上にいたりする。 吹き抜けの大きなおくどさんのある土間には これまた大きな「しゃぐま」と呼ばれる 長刀鉾のわら束が飾ってある。 ふつうの町家のちまきにあたるそうな。 勅使のための塀重門や玄関前の格子など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more