テーマ:世界遺産

北京を知るための52章

中国の首都北京の今と昔を知るための章組で、 執筆者は各分担による。 コラムも楽しい。 猫はやっぱり歴史が気になる。 Amazonより詳細な著者、内容、目次は明石書店のページで。 https://www.akashi.co.jp/book/b342011.html ちなみにこれは、エリアスタディーズという、 地域を詳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

& Premium (アンド プレミアム) 2018年 2月号 [心を鎮める、美しい聖地へ。

伊勢神宮の遷宮 出雲大社の遷宮 春日大社の遷宮 伯耆大山1300年 この近年で、さまざまな記念すべき年がいくつも来訪していて、 関心も高くなっております。もともとだけど。 伊勢、宮島、出雲 それに大和。 主だった大社・神宮の紹介と お参りの仕方の基本など。 写真もきれいです。 それぞれのごひいき寺社のお話も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス人がときめいた日本の美術館

Museumめぐりが趣味の方の連載から知ったのだけど、 なかなか手に取る機会がなく。 ついでに原書のほうも買ってみた。 名前だけしか知らない美術館も多種多数。 もちろん厳選。 好きな人は全部行ってたり、よく知ってるかもしれない。 そして、読むとどれも行ってみたくなると思う。 念のために言えば、 日本のMUSEUM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花のお江戸で粗茶一服

雨にも負けず、風にも負けず、ときて 第三作目。 花のお江戸ならのんびり、かと思いきや 結構、いろいろあります。 最後には、もっとあります。 地震の際のお話とか、 最終的な決意とか、 実話も元に、 一部身につまされるお話(猫だけ?) 姉弟子はめでたく結婚し、お子も生まれました。 遊馬本人はこれからも、迷いつつ悩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田理代子 麗しの世界

オスカルつながり? デビュー50周年、そして『ベルサイユのばら』が45周年。 なんかそれだけですごい。 このきらきらしい萬画を 「週刊」で描いてたっていうのもすごい。 宝塚がすっかり、ベルばら代名詞となりつつあるのもすごい。 代名詞っていうのは違うけど、代表作? オスカルだけでなく、マリーとフェルゼンとか バリエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なくなりそうな世界のことば

絶滅危惧種の言語は世界に多数ある。 さらに方言もとなると、えらいこっちゃになるだろう。 逆に、複数言語が混ざって新しい方言ができたりもしてる。 ところで、どこかで、絶滅しないぎりぎりの言語保持者人数を 読んだ気がする。 仮説だったかな。 何人だったっけ? 二桁切ったら難しいという話だったっけ? それとも三桁はないと厳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も知らない世界のことわざ

この本になってる以上、「誰も知らない」わけじゃない とか突っ込んではいけない。 とはいうものの、言い回しは独自(ユニーク)だけれど 言ってることは、世界共通って感じがする。  そりゃそうか、「ことわざ」だもんね。 しゃれた言い回しは自分でも使ってみたくなる。        山猫屋@管理人 誰も知らない世界のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳できない世界のことば

ことばの翻訳は、実は、一対ではなくて、複数対複数で なおかつ、どうやって言葉を尽くしても言い切れない 感覚が、各言語の中にある。 それを具体的にいくつか示してみた本。 ただ、本として「ことば」になっている以上、 さらに行間を読んで想像力を働かせねば、 翻訳できない部分を観ることはできないのではと思う。 それぞれの言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WHAT IS SAPEUR

WHAT IS SAPEUR : 貧しくも世界一エレガントなコンゴの男たち 人々を魅了してこそサプール    「サプールは場を盛り上げなきゃいけないんだ。それが我々の役割なんだ」    「外見だけ良くてもダメなんだ。内面も綺麗じゃないといけない」    「サプールは、喧嘩はご法度なんだ。我々は紳士でなければならない。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸林さんちの机の上の小さな家具帖

丸林さんちの机の上の小さな家具帖 実は読んだのは3巻だけなので、ちょっとリンク先が違うぞ。 まあ、中身は文字通り机の上の雑貨置き場というか雑貨そのもの。 基本的な木工作業で、少し アンティーク シャビー 的なものが作成可能。 百均も使うし、ロゴもかわいい。 アイデアと写真が好いので、 前の1~2や他のシリーズも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ・ヴィンテージ・ハロウィン

マイ・ヴィンテージ・ハロウィン ハロウィーンがいつのまにか 日本行事の定番となりつつある。 昔は全然通じなかったのになあ。 さて、ハロウィンの歴史、キーワード、行事内容やその謂れ、 仮装やランタン、グッズのアイデアなど うまく、それもかなり詳しめにまとめた1冊。 素晴らしい! これを読んでおけば、一通りOKだね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本好きの下剋上 第一部I

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘I] イラストの可愛さとタイトルに、まずは、魅かれた。 「本好き」の定義をよく書き表していて、素晴らしい。 そうそう!そうなの!そうよね! ってことばかり。 現在、第二部Iまで出ていて、 「小説家になろう」 というサイトで現在も連載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶室がほしい。 (茶室から入る茶の湯の愉しみ)

永江さんは、本関係な人と思っていたのだが、 いつの間にか京都に移住し(別荘かな) いつの間にか茶にハマっておられた。   京都の町家を入手して茶三昧の日々、という猫乃夢は   20年来、未だに達成してませんのにー。ちょっと哀しい。 ま、それはそれとして。 お茶は関係性のアートだ これが永江さんの茶の悟り、ともういべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利休の闇

『藤森照信の茶室学』を読んで間もなく、 こちらの小説を読んだ。 茶室の解釈が 藤森氏の論を彷彿とさせる。 天下人と一個人が 極小空間に会する。 壺中天の反転空間。 もちろん、小説としても、とても面白かった。        山猫屋@管理人 利休の闇文藝春秋 加藤 廣 Amazonアソシエイト by…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎

特徴的キーワード  壺中天効果。  ブリコラージュという方法 世界の茶を体験し、 歴史を概観し 実践からの経験を記す。 極めて説得力のある茶室論。        山猫屋@管理人 藤森照信の茶室学―日本の極小空間の謎六耀社 藤森 照信 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空をこえる本の旅50

東洋文庫の方々 ご推薦の本50冊。 番子さんのミュージアム訪問記を読んでいたら、 東洋文庫ミュージアム http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/ なるものが出てきた。 そんなものあったっけ?? と思ったら、 2011年10月にオープンとのこと。 きゃー!(歓喜) 行きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

St. V. Day

セントバレンタインデー 偶然なんだけど、 お買い物をしたら、 チョコをくれた。 職場でもいただいた。 別途、何かのおまけでついてきた。 昨日はチョコに縁のある日。 もちろん、チョコ大好きです。 毒が入ってない限り、 大歓迎♪        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロシー・ギルマン死去

ドロシー・ギルマン ウィキペディア 2012.2.2死去 ミセス・ポリファックス シリーズなどの著者。 最近、本が出てないと思ったらそういうことか…。 ご冥福を祈ります。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聖なる銀 アジアの装身具」展  

「聖なる銀 アジアの装身具」展  【会 期】2011年12月8日(木)~2012年2月23日(木) 休館日:水曜日 【会 場】INAXギャラリー大阪 装身具は綺麗。 世界中で 女性はモノ(財産)扱いなことも よくわかった。        山猫屋@管理人 聖なる銀 アジアの装身具 (INAX BOOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おきろくとおきろく

おきろく 隠岐緑 元々は隠岐産の緑色顔料、緑石。 一般に緑色顔料を差すようにもなった…らしい。 おきろく 隠岐録 奈良は四聖坊にあった茶室の呼び名 八窓庵 井上馨が奈良は四聖坊から東京へ移築した 茶室 変遷を経て、空襲で焼失。 というとこまでとりあえずOK。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

賃貸宇宙

賃貸宇宙―UNIVERSE for RENT 筑摩書房 都築 響一 オタクの部屋もすごいけど、 こっちもよほどすごいと思うの。 出版自体も変遷を繰り返しているし(笑        山猫屋@管理人 賃貸宇宙―UNIVERSE for RENT筑摩書房 都築 響一 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人で生きる勇気

おばちゃまシリーズを 読み返したくなって 探していたら こんな本を見つけた。 いい感じ。 元気でほがらかな ミセス・ポリファックスは やはり作者のなかにもいる。        山猫屋@管理人 一人で生きる勇気集英社 ドロシー・ギルマン Amazonアソシエイト by 一人で生きる勇気 (集英社文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢100 2011検証

以下検証。 >001.22時から2時は寝ていること >002.睡眠時間6時間以上をキープ、できれば8時間 > この2つで自動的に「早寝早起きセット」になる。 > 今年こそ! >003.20時以降は飲食しない >  少なくとも23時以降は飲食しない >  寝る前2時間は飲食し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お菓子

除夜と初釜とにどれを使うかな? と思って買っておいたお菓子。 ゆず上用、そば上用、 干菓子の落雁 紅白の梅・松葉 飴の 結び2種 間違えて来たのもあり、 もらったり、もらったり、もらったり で 棹モノ2本、 落雁2種 チョコレートなど。 現在、 お菓子がえらく充実しております。        山猫屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしの山の精霊(リューベツァール)ものがたり

わたしの山の精霊(リューベツァール)ものがたり プロイスラーが こんなのも書いていた。 めもめも。        山猫屋@管理人 わたしの山の精霊(リューベツァール)ものがたりさえら書房 オトフリート プロイスラー Amazonアソシエイト by ほかに、こんなの書いてる。 猫はクラバートがい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内藤湖南への旅

内藤湖南への旅 メモメモ。        山猫屋@管理人 内藤湖南への旅藤原書店 粕谷一希 Amazonアソシエイト by 東洋文化史 (中公クラシックス)中央公論新社 内藤 湖南 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕出し

町内会の総会に出席したら、 お昼がついていた。 時間的にそうかな、とは思ったのだけど。 仕出しのお弁当で、 まあ、いつものところだ。 いつもの、というのは、 そもそも、仕出し屋さんがそんなに数がない というのと、 新しくケータリングサービスを始めたところは 安くて美味しくても、 こういった場では誰も使わないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手紙

お茶会のご招待を 手紙でお送りする。 メール友達ならまずメールでお伺いするのだが 存じ上げないので、最初からお手紙。 しかし簡略させていただいて 奉書ではない。 それでもちょっとどきどきします。       山猫屋@管理人 ヤナーチェク:弦楽四重奏曲《クロイツェル・ソナタ》、《ないしょの手紙》(CD)【クラシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初護摩会

今年初の護摩会へ行った。 実は、無料でいただける お粥が目当て という、食いしん坊部分が大きい。 のだけど、毎回いろいろと 知らない豆知識を得られたりするので 楽しい。 定番のほかに、今月は正月ということで 小豆粥だった。 小豆は、縁起を担いで かために 炊くのがならいなのだそうだ。 なるほどね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種子のデザイン 追記

昨日紹介した 種子のデザイン  旅するかたち 関連図書の紹介もあったので メモしておく。 関連図書 タイトル 著者 発行元 価格(税込) 花からたねへ 小林正明 全国農村教育委員会 2625 都会の木の実・草の実図鑑 石井桃子 八坂書房 2310 たねのずかん 高森登志夫/古矢一穂 福音館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more