テーマ:日常

夏…?

はて。 梅雨明けは来たのだろうか? 台風の名残の雨が消えたとたん なんだか、本格的に夏になった気がするのだけれど。 別に 旧暦水無月になったから、 じゃないと思うんだけど。 あれ?        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

硯洗い

七夕準備の日。 硯を洗い、梶の葉を添えて供える という北野天満宮の神事が原型とされる。 私も文房具をきれいにしなくては。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半夏生

の日。 そういう名の植物もある。 白い花(ほんとうはガクらしいが)と 緑の葉がすずやかで嬉しい。        by Izushi Shu
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子育て猫

子育て猫 子育て猫 (単行本) 板東 寛司 (著), 荒川 千尋 (著) # 単行本 # 出版社: 大和書房 (2002/04) # ISBN-10: 4479390901 # ISBN-13: 978-4479390909 # 商品の寸法: 17.2 x 12.8 x 1.4 cm 表紙の仔猫は、 「もういい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨てる

辰巳渚の「捨てる!」生活―家まるごと2日でスッキリ!! 辰巳渚の「捨てる!」生活―家まるごと2日でスッキリ!! (単行本) 辰巳 渚 (著) # 単行本: 127ページ # 出版社: 高橋書店 (2003/11) # ISBN-10: 4471124005 # ISBN-13: 978-4471124007 # 商品の寸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫舌―もしもし、ベロしまい忘れてますよ

猫舌―もしもし、ベロしまい忘れてますよ 猫舌―もしもし、ベロしまい忘れてますよ (単行本) 荒川 千尋 (著), 板東 寛司 (著) # 単行本 # 出版社: 人類文化社 (2001/11) # ISBN-10: 4756719023 # ISBN-13: 978-4756719027 # 商品の寸法: 17.8 x 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄、島ごはん

沖縄、島ごはん 沖縄、島ごはん (大型本) 森岡 尚子 (著) # 大型本: 109ページ # 出版社: ネコパブリッシング (2005/09) # ISBN-10: 4777051099 # ISBN-13: 978-4777051090 # 商品の寸法: 27.4 x 20.6 x 0.8 cm 美味しそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、本をかたづけよう!?

論座 2007年 06月号 [雑誌] 論座 2007年 06月号 [雑誌] (雑誌) # 雑誌 # 出版社: 朝日新聞社出版局; 月刊版 (2007/5/1) # ASIN: B000PI3TLE # 商品の寸法: 20.8 x 14.4 x 1.6 cm 特集記事 さあ、本をかたづけよう!? …涙なしに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

雨あめ降れふれ

雨あめ降れふれ 童謡を歌ってみる日。        山猫屋@管理人 しばわんこと童謡を歌おう しばわんこと童謡を歌おう (大型本) 川浦 良枝 (著) # 大型本: 39ページ # 出版社: 白泉社 (2005/03) # ISBN-10: 4592761049 # ISBN-13: 978-45927610…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春眠

本日は眠い日なり。 眠くて仕方ないので、 おやすみなさい。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹の花

もうじき竹の花が咲きそうだといって 職人が気にしているとか聞いた。 その真偽はともかく、職人が気にするというなら、 マダケのことなのだろうか。 >この開花周期は種類によって異なり、また >これまでに開花が確認されていない種類があるなど、まさに神秘な状況にあります。 >ちなみに、日本の竹の開花周期について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏

毎年、黄金週間が過ぎる頃 夏になったなあと思う。 昔は、夏というより、初夏がふさわしかったけれど 今は、真夏に突入する気分になることも。 今年は、竹が黄色く見えて、これも困った。 冬に雪がなかったり、雨が少なかったりしたから? (つまり、降水量が少なかったから?) それとも、竹の秋のせい? (でも、幹の部分=茎ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明るい日

空は明るく 晴れ渡り 風は吹きそよぎ 太陽は照る 鳥は啼き、花は咲き 世界は生命の息吹で満ちている 今日はなんて死にたくなる日だろう!        by Izushi Shu
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏

連休中は晴天が続くようで 雷まで鳴るとあっては 季節変わり目の合図という気がするが、 もう初夏とはいえ、こんなに暑くてよいのだろうか。。 というか今から半袖って、夏が本格的になったら どーするんじゃ、という。。 猫さん犬さんたちはとっくに抜け毛、夏毛に変化中なのでしょうか。        山猫屋@管理人 菓子工房…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶摘

昨日が八十八夜。 今日から新茶の季節になる。 ついでにそろそろ田植えも本格的になるなあ、なぞと思う。 といっても抹茶の新茶は11月。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝ん猫

寝ん猫 寝ん猫 (単行本) 板東 寛司 (著) # 単行本: 59ページ # 出版社: ネスコ (1999/11) # ISBN-10: 489036093X # ISBN-13: 978-4890360932 # 商品の寸法: 17.8 x 13.6 x 1.2 cm 仰向け姿の眠り猫百態 ねんねんころりよお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まいを四寸角で考える

住まいを四寸角で考える―板倉の家と民家の再生 住まいを四寸角で考える―板倉の家と民家の再生 (単行本) 安藤 邦広 (著) # 単行本: 231ページ # 出版社: 学芸出版社 (2005/08) # ISBN-10: 4761523689 # ISBN-13: 978-4761523688 # 商品の寸法: 20.8 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウロ

ウロがきた この言葉も古い言葉で、古い言葉の使い方で、 これをわかる人はどの世代までだろうか? ミステリのファンなら知っているかもしれない。 綾辻行人『緋色の囁き』 京極夏彦『姑獲鳥の夏』 のなかに使われていたと思う。 うつぼ/うつほ 空虚 虚無 洞 空虚 つまり「虚」ということだ。 これも…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハレ

ハレをする という言葉を普通に使うのはどの世代ぐらいまでだろうか? もちろん、これは、使う機会の少ない言葉でもある。 晴れがましい お披露目 といった状況が必要だから。 ただ、この言葉は、多分、だけれども、 日本全国で普通に使われる言葉だったのではないかと思う。 民俗学でいう 「ハレ」と「ケ」の 「ハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花林糖

かりんとう くわりんたう 花林糖 小麦粉に卵・砂糖を加えて練り、細長く切って油で揚げ、黒糖蜜をまぶした菓子。 以上、goo辞書より こういう字を当てるなんて初めて知ったよ。 きれいな名前を持っていたんだね。 かりかり食べるお菓子だから「かりんとう」なんだと思ってた。。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花天月地

かてんげっち 天いっぱいの花 地に降り注ぐ月光 やっぱり、満月の夜かしら、とも思うけれど、 十六夜や十四夜も捨て難い。 半月三日月の頃だって、いい感じ。 もうじき新月だなあ。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13日の金曜日

というだけでなんだかわくわくする。 ハンニバルというのは ポエニ戦争だけじゃなくて、 羊狩も連想させるのは。。。。 なんでだろ?        山猫屋@管理人 毎日が13日の金曜日 毎日が13日の金曜日 (文庫) 都筑 道夫 (著) # 文庫: 275ページ # 出版社: 光文社 (1989/06) # IS…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

花曇

本日は晴天なり本日は晴天なり~ というはずのところが曇ってまいりました。 これを花曇(はなぐもり)というなり。 花吹雪で周りが曇って見えるから …ではありません。 それもいい感じの雰囲気だけどね~        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白花たんぽぽ

いちめん白花たんぽぽ の風景を見たいなと願っている。 近くに見つけた白花たんぽぽ。 去年、一昨年見たときより どんどん増えていって、 とてもうれしい。 桜はもう、花吹雪になっている。 おいしそう、もとい、きれいな優しい吹雪だ。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しくしく

どこにぶつけたのだか 腕が痛い。 どうもうっすら青いのであった。 今日はあちこちぶつかったからなあ。 ああ、冬眠したいよう。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花冷え

また今日は晴天ながら寒い日で、 こういうのを花冷えというのかね~ すっかりどこも満開になった桜(染井吉野)。 ※一部を除く 次は御室、か、吉野、か。 春の山は花が目立って遠目にも華やかです。        by Higuchi Shuri
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の下で

http://d.hatena.ne.jp/iyukari/20070403 >足元に早くも、花びらが降り積もっていた。 >幼い頃なら迷わず両手ですくい上げたろうに、と >後からちょっと思って、切なかった。 >私は少し大人になってしまったんだなと思った。 私は幼い頃でも、そういうことをしたことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソメイヨシノ

染井吉野は  花が咲いて、散って  葉が開いて、  実がなって、 という順序のはずなのに、 今年は花と同時に若葉が出ております。        山猫屋@管理人
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の空

春の天気らしく、 昨日とうってかわっての 晴天。 ただし、まだ肌寒い。        by Higuchi Shuri
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more