テーマ:Museum

フランス人がときめいた日本の美術館

Museumめぐりが趣味の方の連載から知ったのだけど、 なかなか手に取る機会がなく。 ついでに原書のほうも買ってみた。 名前だけしか知らない美術館も多種多数。 もちろん厳選。 好きな人は全部行ってたり、よく知ってるかもしれない。 そして、読むとどれも行ってみたくなると思う。 念のために言えば、 日本のMUSEUM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュシャ展

国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 ミュシャ展 http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/alfons-mucha/ http://www.mucha2017.jp/ 国立新美術館でのミュシャ展の図録。 『スラヴ叙事詩』全20点公開という快挙。 ほか切手などのミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕450年記念 上田宗箇 武将茶人の世界展

生誕450年記念 上田宗箇 武将茶人の世界展  「ウツクシキ」桃山の茶 秀吉・織部そして宗箇 2012年2月11日(土)~3月25日(日) 主 催 = 公益財団法人ひろしま美術館/NHK広島放送局/NHKプラネット中国/中国新聞社 特別協賛 = 上田流和風堂 協 力 = 上田宗箇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時空をこえる本の旅50

東洋文庫の方々 ご推薦の本50冊。 番子さんのミュージアム訪問記を読んでいたら、 東洋文庫ミュージアム http://www.toyo-bunko.or.jp/museum/ なるものが出てきた。 そんなものあったっけ?? と思ったら、 2011年10月にオープンとのこと。 きゃー!(歓喜) 行きたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聖なる銀 アジアの装身具」展  

「聖なる銀 アジアの装身具」展  【会 期】2011年12月8日(木)~2012年2月23日(木) 休館日:水曜日 【会 場】INAXギャラリー大阪 装身具は綺麗。 世界中で 女性はモノ(財産)扱いなことも よくわかった。        山猫屋@管理人 聖なる銀 アジアの装身具 (INAX BOOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お片付け

本当は今日もできたのだけど、 お客様がいなかったので、 のんびりとお片付け。 まねごとにすぎなくても お茶っぽいことができて なんだか嬉しい。 またやろうっと♪        山猫屋@管理人 (お片付け) 使った道具を洗って干す。 夏なら1週間、冬なので2週間 完全に乾いたら仕舞う。 掃除。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種子のデザイン 追記

昨日紹介した 種子のデザイン  旅するかたち 関連図書の紹介もあったので メモしておく。 関連図書 タイトル 著者 発行元 価格(税込) 花からたねへ 小林正明 全国農村教育委員会 2625 都会の木の実・草の実図鑑 石井桃子 八坂書房 2310 たねのずかん 高森登志夫/古矢一穂 福音館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

種子のデザイン  旅するかたち

種子のデザイン  旅するかたち INAXギャラリーで行われる展示の図録も兼ねた本。 INAXが出しているこの手の図書は たいがい、とても楽しい。 全種類揃えて読みたくなるほどだ。 残念ながら、この展示には行けなかったけれども…        山猫屋@管理人 種子のデザイン  旅するかたち (INAX BO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

並河家住宅

並河家住宅 並河靖之七宝記念館 京の夏の旅での 特別公開のひとつ。 前々から行ってみたいとは 思っていた 七宝記念館だが、 未見だった。 行ってみたら、 住宅=記念館で、 なーんだ、 とか思った。 もっと早くに行けばよかった! 岡崎周辺は、素敵な建物が まだまだ多く残っていて、 とても見ごたえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木戸孝允旧邸・達磨堂

木戸孝允旧邸・達磨堂 京の夏の旅~9/30 今年の文化財特別公開のテーマは 京のお屋敷と庭園 猫的興味&未見のものに行ってみた。 こちらは京都市が管理する建物で、 初公開。 木戸孝允(旧名 桂小五郎)が隠居後、 病気療養のために住んだ場所で 建物自体は、近衛家だかからいただいたもの。 当時の公家の別荘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凩のころ

凩のころ 北村美術館 9月10日(土)~12月4日(日) 今季の展示は 11月~12月の 炉の時期を想定。 もみじが下に落ちてしまったような 頃をイメージするか? 極侘びた趣向での取り合わせ。 魯山人の器がいくつか 写経 猫的には 茶杓、 呉器、 炉縁 あたりが好み♪ 目録には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー木の匠の技

ベルギー木の匠の技 http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/20110523b.html 京都工芸繊維大学美術工芸資料館 白井晟一の展示と同時開催。 ポスターがかわいい。 安野光雅とか、こういう絵を描きそう。 日本の木造などとは違う感覚と似た感覚が面白い。 ちょうどシンポジウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家 白井晟一 精神と空間

建築家 白井晟一 精神と空間 http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/20110523s.html 京都工芸繊維大学美術工芸資料館 本当は3月に観に行く予定だったのだけど (汐留にあるパナソニックの、汐留ミュージアム) 震災で休館してしまった。 そちらのポスターでなければ、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若手職人

伝統工芸の 若手職人ばかり 集めた展示があって 行ってみた。 職人自身も来ていて 実演している。 若手といっても、 30代以上は確実。 場合によっては40代50代。 そして売り子さんというべきか、女性たちは、 これも年少でも50代以上な方々。 微妙に、客筋が 年輩の方にばかり 偏る感じの展示だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぐやの調度 香道具展

象彦創業350周年記念 かぐやの調度 香道具展 2011/04/28 ~ 2011/05/15 【京漆匠 象彦】 寛文元年(1661)に創業、今年2011年に創業350周年を迎える京漆器の老舗・象彦。 これを記念して象彦が所蔵する「竹林蒔絵婚礼調度揃」(通称:かぐやの調度)より、 今回は香道具一式を展覧いたします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民族学者 梅棹忠夫の眼

民族学者 梅棹忠夫の眼 会期:2011年3月3日(木)~ 6月14日(火) 会場:国立民族学博物館 本館展示場内 ウメサオタダオ展 と同時期に、 写真の展示もされていた。 この写真の数もすごかった。 特別展展示内でも スライド上映されていたが、 それもまたその一部で、 もともと、写真集にまとめようとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウメサオタダオ展

ウメサオタダオ展 国立民族学博物館 3/10-6/14 入っていたら、 ギャラリートークが始まったので、 ついでに伺う。 ウメサオタダオの 眼 をテーマにしたといっていいかも、 途中で失明されたとはいえ これは 眼 としかいいようがあるまい。 何といって驚いたのは、 この展示、亡くなられて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと知りたい管絃の楽器たち

http://www.ntj.jac.go.jp/updata/topics_1173.html プレ講座「もっと知りたい管絃の楽器たち」 日   時 平成23年4月30日(土)14:00開演 15:30終演予定(13:30開場)  場   所 国立文楽劇場3F小ホール 【入場無料】  解説・実演 天王寺楽所雅亮会 h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親鸞展 生涯とゆかりの名宝

親鸞聖人750回忌 真宗教団連合40周年記念 親鸞展 生涯とゆかりの名宝 On the 750th Memorial for Shinran Shonin and the 40th Anniversary for Shinshu Kyodan Rengo SHINRAN - The Founder of Jodo Shinshu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法然 生涯と美術

法然上人八百回忌 特別展覧会 「法然 生涯と美術」 2011/03/26 ~ 2011/05/08 京都国立博物館 http://honen800.exh.jp/ http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/honen800/ 法然は叡山の英才であった。 人格者でもあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上村松園 素描、下絵と本画

松柏美術館 上村松園 素描、下絵と本画 デッサンが各種 スケッチが各種 写生より 模写から入る のだけど すでに完成された作品を写すというのは 実力を付けるうえで大変役立つ。 縮図帖や女の姿形が とても素敵で、 むしろ、 完成されたものより こっちを手元に置いて観ていたい と思ったことだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生! 中国文明

http://tanjochina.jp/ 誕生! 中国文明 特別展「誕生!中国文明」 The Birth of Chinese Civilization 東京国立博物館 平成館 2010年7月6日(火)〜9月5日(日) 九州国立博物館 2010年10月5日(火)〜11月28日( 日) 奈良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重春

http://www.kyotodeasobo.com/art/exhibitions/2011spring-jyusyun/ 平成23年 春季取合せ展「重春」 2011/03/12 ~ 2011/06/12 【北村美術館】 >2011年は、北村美術館の創設者である北村謹次郎の没後20年の節目の年です。 &gt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筆墨精神

筆墨精神 中国書画の世界 開催概要会期平成23年1月8日(土)~2月20日(日) 会場京都国立博物館 特別展示館 関連土曜講座 1月 8日写本と法帖―文字を鑑賞する文化―京都国立博物館上席研究員 赤尾栄慶 1月22日上野コレクションと内藤湖南ー京都大学名誉教授 礪波 護氏 2月 5日明清の文人書画ー京都国立博物館学芸部長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

18~19世紀のイギリスの漫画

18~19世紀のイギリスの漫画について レクチャーを聴いた。 もっとゼミ形式で詳しく 聞いてみたいところだ。 だが、その前に 多大の勉強が必要だという気がする。 今回のは、 ポンチ絵系の話。 テニエルは最大の人種差別主義者だったらしい。 エログロ的な絵なんだけど、 細かいところまで見ることと 歴史的背景…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高僧と袈裟(けさ)―ころもを伝え こころを繋(つな)ぐ―

高僧と袈裟(けさ)―ころもを伝え こころを繋(つな)ぐ― 文化財保護法60年記念事業 僧侶が身につける衣服として、目にしている袈裟。日本の寺院では、空海・最澄といった平安時代の高僧や、無準師範・夢窓疎石といった高名な禅僧が着用したとされる袈裟が秘蔵されてきました。これらを一堂に会し、袈裟を通して見えてくる日本の仏教と染織の歴史を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海と生きる -海から見た江戸時代のとっとり-

このへんでは、こんなことをやっていたのだった。 鳥取県立博物館企画展「海と生きる -海から見た江戸時代のとっとり-」 2010年10月9日~12月14日 企画書? http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/519574/220907houkokuke.pdf 《歴史講座》海と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕120周年記念「河井寛次郎展―すべてのものは自分の表現―」

生誕120周年記念「河井寛次郎展―すべてのものは自分の表現―」 島根県立美術館  2010年9月23日(木・祝)~11月7日(日) <講演会>「河井寛次郎の人間像を語る」多々納弘光、森山雅夫、鷺珠江  10月3日(日) 14:00~ 関連イベント 記念講演会「河井寛次郎の人間像を語る」聴講無料 講師 鷺珠江(寛次郎の孫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢神宮に捧ぐ近・現代の美

http://www.takashimaya.co.jp/osaka/groundholl/index.html なんば高島屋 式年遷宮記念神宮美術館所蔵 伊勢神宮に捧ぐ近・現代の美 ■10月14日(木) → 25日(月) ■大阪店7階グランドホール ※開場時間=午前10時~午後8時、  最終日10月25日(月)は午後5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more