端午の節句

やっと
旧暦で
端午の節句
がやってきた。

これはもともと
女性の節句だったこともある。

武士社会になってからは
菖蒲=勝負=尚武
ってことで
いつのまにか
こいのぼり
やら
武者人形
やらに代表される
男の子の節句
に変わってしまった。

今は、男女の別なく
子どもの節句だが。

節句というときと節会というときでは
少々意味合いが変わる。

こういう行事は、
庶民からの流れと
上からの流れがあり、
上からの流れには
公家(朝廷)
武家
神社・仏閣
がある。
庶民からの流れにも
農家
商家
職人
漁民
山人
ではそれぞれ微妙に違ってたりする。

なんてことを、別の節句に関連して調査中なのだった。
         山猫屋@管理人

"端午の節句" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント