京菓子と琳派: 食べるアートの世界

琳派というのは、尾形光琳から来ている。
この派は、直接の師匠弟子という関係ではなくて「私淑」つまり、
著書や作品を敬愛した後世の人たちが生まれたことから
自然と生まれた一大潮流のことで、
名付け親は…誰だっけ?
本人たちではないんだよね。名づけられた後は、
自称する人もいますけど。
他人に説明するには名詞(名刺?)があると便利だもんね。

あ、で、こちらは、琳派的デザインを元に作られた、
わりと抽象化され、デザインに落とし込まれた和菓子たちが並ぶ。
いかにも「京都」である。
これはよく言われるのだが、江戸の菓子は具体、京都の菓子は抽象
#ちなみに、田舎の菓子は具体、都の菓子は抽象 ってことも言われたり?

ともかくも見ているだけで楽しい。
が、できればお茶もほしいし、実際食べたいよーと思わざるを得ない(爆
       山猫屋@管理人



京菓子と琳派: 食べるアートの世界
淡交社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック