僕が恋した日本茶のこと

ベタとは思ったけれど、
そういえば、漫画か小説でこういう設定あったよ。
フランス人が日本茶の老舗事業を受け継ぐ
悲喜こもごも

さてそれはそれとして、
外国の方が、わざわざ日本のモノを愛し、そこに来てその普及を目指す
その熱意はハンパではない。
また、いい意味で、外から見た日本をよく見ている。

日本茶に限らなず、日本の伝統産業などに関して、示唆に富む。
「恋」はむくわれないことが多いけれど、それも含めて「恋」なのかな。
       山猫屋@管理人



僕が恋した日本茶のこと 青い目の日本茶伝道師、オスカル
駒草出版
ブレケル・オスカル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕が恋した日本茶のこと 青い目の日本茶伝道師、オスカル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック