茶の湯藪内家

NHKで藪内家の放映をしていると知り、
テキスト発掘。
古田織部400年遠忌で2014年はいろいろあったから、その系統だろうか。
それはそれとして、藪内家は古儀茶道というだけあって
興味深い所作がたくさんある。
茶室「燕庵」もなるほど!という保存のシステムが整っているし。
2015年には、家元交替が行われたのも記憶に新しい。

DVDは数回を友人宅でTV録画の分を見せていただいた。
やはり映像で動いているとすばらしいが
本でまとめて知識を入れるとさらにわかると思う。
ヨミと漢字が一致するとわかりやすくなる気がする。
のだけどいかが?

遠州流の綺麗さびと比べるとより武張った印象を受けるが、
それはそれで洗練された所作ともいえる。

取り合わせなども興味深い。
       山猫屋@管理人







茶の湯 藪内家 織部も親しんだ茶の魅力
NHKエンタープライズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 茶の湯 藪内家 織部も親しんだ茶の魅力 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック