遠州流茶道宝典

某所で偶然手に入れた茶箱が
「天橋立茶箱」
という遠州好みものだと知り、
点前作法とかあるのかな
と調べてみたら、
こちらの
『遠州流茶道宝典』(上下巻)
が、遠州流の茶道について
詳細に記した書物だと知った。

天橋立茶箱の点前(扱い)についても
謂れについても、確認。

こういうのは、
帛紗のさばき方や茶杓の清め方などが各流儀で違う
以外は、自分の流儀で展開し、元に戻せばいいのかなと
結論した。

他流儀の点前作法に興味はあるし、
茶事茶会に招かれたら予習復習は必要かなと思うけど、
基本は自分が習っている流儀をきっちり身に付ければいいと思う。
わざわざ自分で創造したい方は、まあすればいいし。

猫はそこまでの創造力はないし、
すでに洗練された合理的な点前作法が、いくつもの流儀の中にあるわけで、
ひとつ身に付けたらそれで問題ないよ、と思う。


*小堀遠州流、遠州流、等々遠州系の中での違いについてはとりあえず未調査。


というわけで、茶箱点前作法や扱い等等はともかく、
茶道観とか歴史とか、茶事次第とか考え方とか
何かと面白かった。
       山猫屋@管理人




遠州流茶道宝典
東京堂出版
小堀宗慶

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遠州流茶道宝典 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック