着物の始末?

茶会の日は、
いつになく熱帯日(というのだろうか)で、
終わったら全身汗でぐっしょり。
当然、着物は即始末しなくては!

というわけで、
着物、帯、長襦袢、セットで
呉服屋さんへ持ち込み。

残念ながらまだ、
即持ちこめるほどの
悉皆屋さんの知り合いはいない。

帯をよくみたら、なんだか黄色いしみがあったのだけど、
それを、もっとよくよく見たら、
帯芯が黄変しているのだった。
とってもマズい。
これはいずれ、帯本体へも移ってくる。

というわけで、
ただのクリーニングのはずが、
帯芯も取り替える大作業になった。

実は、この帯、
似たようなのがもう1本ある。
それもチェックしなくてはということで、
その話は終了。

そして。

ちょうど、夏物のセール中。
たいへんお買い得(なのだけは分かる)な
反物や帯などが出ていて、
目が離せない。

クリーニングだけのはずだったのに、
なぜか反物が1本増えてしまった。

すごくお買い得、すごく使いやすい
とは分かっているけど、どうなんでしょ~。
       山猫屋@管理人



着物と日本の色 帯の配色篇—帯に表現された和の美意識
ピエブックス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 着物と日本の色 帯の配色篇—帯に表現された和の美意識 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック