かぐやの調度 香道具展

象彦創業350周年記念 かぐやの調度 香道具展
2011/04/28 ~ 2011/05/15
【京漆匠 象彦

寛文元年(1661)に創業、今年2011年に創業350周年を迎える京漆器の老舗・象彦。
これを記念して象彦が所蔵する「竹林蒔絵婚礼調度揃」(通称:かぐやの調度)より、
今回は香道具一式を展覧いたします。


十種香箱、四種香盤、沈割りほか
大変充実。
全体に竹の蒔絵が施してあるので、
かぐやの調度と呼ばれている。
江戸中期、豪商の注文ではとのこと。

こういうものは基本的に
婚礼道具のような気がするが、
かなり香に造詣が深い感じ。
ということは、
かなり全般の教養が高い人なんだろうなあ。
注文した人は。

だって、香は日本文化の「道」の中では
最終段階(他の芸道・教養は当然常識として持っていることが前提)らしいもの。

すばらしく見応えのある
美しいものでした。

ついでの他の商品も観たのだけど
やっぱり、これを見た後では
格段に見劣りします(爆
       山猫屋@管理人


---以上、書いてたのにアップしてなかったので、遅まきながら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック