佐野洋子さん逝去

MOE(白泉社の雑誌)に
佐野洋子さんの記事が出ていて、
その書き方にあれ?と思い
検索してみたら、
おなくなりになっていた。

『100万回生きたねこ』の作者だ。

ほかに、エッセイも書いている。

絵本というのは、あまり
作者を覚えてなくて、
絵だけとか、
ストーリーだけとか
憶えていることが多い。
それで
本の探偵
なんてものがあったりするわけだ。

たいがい、子どもの頃に読んだりなんかするんだけども、
たいがい、子どもは作者の名前なんか覚えちゃいないし、
たいがい、子どもは本のタイトルなんて憶えてないからだ。

といいつつ、猫は、この絵本を成長してから読んだけど
やっぱり憶えてなくて、
MOEみたいな雑誌を読んで初めて認識したりなんかしたのであった。

まあ、そういうわけで。
元夫がいたというのも初耳だったりとかして。
だって、作品を読む分には関係ないし。

まあ、そういうわけで、
ありゃりゃ、なくなられたのか~
と嘆息したのだった。

なんだろう、昔は、て、つまり小さい頃は、
読んでいるときには、
すでにおなくなりの作者が多かったんだけど、
今は、って、ある程度歳を食うと、
今も現役の方がおなくなりになったとか、
かつて現役だった方がおなくなりになったとか、
死亡記事を読むようになるんだなあとか、思ったり。
       山猫屋@管理人



100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
講談社
佐野 洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



役にたたない日々 (朝日文庫)
朝日新聞出版
佐野洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 役にたたない日々 (朝日文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



役にたたない日々
朝日新聞出版
佐野 洋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 役にたたない日々 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック