河井寛次郎記念館

河井寛次郎記念館
に行ってきた。

である。

今年は生誕120周年ということで、
各地でイベントが開かれている。
偶然、島根県立美術館に
期間内に行けそうだったので
せっかくだから、と、こちらへも。

見事に「河井寛次郎」でできた館だった。

民芸というのは基本的に
アノニマス(anonymous、匿名)
名がないもののはずなんだが、
民芸作家というのは大変自己主張が強い。

予想通り
この館も自我のかたまりでできているような
家だった。

ではそれが不快かというと、
それは相性によるだろう。

その「自我」のおかげで、
暮らしぶりまで目に浮かぶようなので、
記念館としてはとてもふさわしいような気がする。

暗めの照明と
深く手拓に磨かれた木の質感
太い木材の塊。

これは伝統の上でもなく
伝来の暮らしの延長でもなく、
あくまでも「河井寛次郎」の好みと人生によって
磨かれた家だ。

さて、それはそれとして、
この家でいちばん好みだったのは、
椅子にまるまって寝ているキジ猫
でした。
多くの観覧客の出入りにも、
子供たちの騒ぐ声にも
全く動ずることなく
ひたすらまるまるとまるまって眠り続ける猫。

とっても猫らしい猫かもしんないです。
       山猫屋@管理人


火の誓い (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
講談社
河井 寛次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 火の誓い (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



いのちの窓
東方出版
河井 寛次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by いのちの窓 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ (講談社文芸文庫 (かK2))
講談社
河井 寛次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蝶が飛ぶ 葉っぱが飛ぶ (講談社文芸文庫 (かK2)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック