宝生流能楽

宝生流も初めて見るが、
もっと見てみたことが無くて
初見だったのは、
野村萬斎さん。

野村流狂言を見たことが無かったのである。
そして、野村萬斎さんは、名手とのうわさ。

ちゃんと面白かったです。
上品な
といわれているのも分かる気がした。

狂言なので、動作が能楽より大げさなのだが
それでも茂山さんところと比べると、
(あくまでも少しだけれど)
抑え気味の表現である気がする。

狂言の演目は棒縛りで
茂山さんとこで見たことがあったので、
比べやすかった。

能楽の演目は、
重陽だったので、
てっきり菊慈童
と思い込んでいたが、
よくプログラムを見たら、
鞍馬天狗
だった。
これは初見だったので、しみじみと見物。

稚児たちが、地元の素人の子供さんたちを使っていて
面白かった。
そして、牛若はその子達より
小さな子供さん(といってもプロ?)がやっておられるのだった。
そして、牛若のほうが、その他の稚児より
袴姿がさまになっているのだった、当然だが。

久しぶりのお能と狂言で
楽しかった。
着物を着て出かけられなかったのが
心残り。
       山猫屋@管理人




ビクター伝統文化振興財団賞 「奨励賞」 第8回 亀井広忠
日本伝統文化振興財団
亀井広忠

ユーザレビュー:
清新の意気を評価若さ ...
能楽界のホープ亀井広 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビクター伝統文化振興財団賞 「奨励賞」 第8回 亀井広忠 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック