仏像修理100年 / 至宝の仏像

なら仏像館 開幕記念 特別展 至宝の仏像
特別展 仏像修理100年

いずれも奈良国立博物館
2010年7月21日~9月26日

招待券をいただいたので
行ってみました、最終日。

今年は奈良2回目ですが、
通年はそんなに行きません。
やっぱり奈良年なんでしょうね。

さて、仏像修理は、
科学的な知識と研究に基づき、
修理方法も修理方針も
変化していった姿が伺えます。
東大寺仁王像の修復で、
寄木造りですね、解体して修理すれば
小さくなるはずなのに
「どんどん存在感が増して大きくなった」
との言葉(正確じゃないかも)は印象的です。

地下には、特別展ではなくても
文化財修復の展示がしてあるので、必見。

7月からクレジットカードが解禁。
前回来た時、かなりの高額商品もあったので、
現金のみってどうかなと思っていたら、
やっぱりカードOKになりましたね。
中川七政商店さんの雑貨も一部ありました。
 麻のお店。うっかりマグネット栞を買ってしまいました。
正倉院文様の雑貨が充実。
もちろん、五弦の琵琶なんかもモチーフに。
こういう意味で奈良は恵まれていますよね。

仏像のほうは、前回見たかな、違うかな?
見たものと見ていないものが混じっている気がしますが、
記録は取っていないので、猫のあやふや記憶では
あまり当てになりません。

別館の青銅器コレクション(坂本コレクション)は見た覚えがあります。
美優品の揃ったコレクションです。
コレクションを始められたのは
早くなかったと思うのですが(確認してないです)
たいへん大きなもの、しかも鋳込みが鋭いものが揃っています。
眉の大きな子が好き。<行った人だけ分かる

新しいお店もいくつかできていたのでしょうか。
もうちょっと探検してからお店に入ればよかったわ。
(入ったお店も好かったですよ。でもランチが売り切れだったの)
次は、「れいちゃ」とそのパフェを食べに行きたいです。

こんなところで、奈良でした。
       山猫屋@管理人


この記事なんかすごく詳しかったので
メモ
http://naraclub-naraclubpart2.blogspot.com/2010/07/100.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック