石清水八幡宮の御神楽と里神楽

石清水八幡宮の御神楽と里神楽
http://www.ntj.jac.go.jp/performance/3440.html
2010年9月18日(土)
開演時間 午後2時(午後4時20分終演予定
石清水八幡宮御鎮座1150年記念
石清水八幡宮に伝わる歌舞
~御神楽と里神楽~
―悠久の時を超え伝え継がれる神事―

《出演》
 石清水御神楽伝承会
 吉田流神楽笠井社中

初公開の御神楽。
本来、夜に行われ、神職以外参列無しとのこと。
そんなの、ここで演じちゃっていいんだろうか?
と思うが、まあ、そんなものを拝見できるというのは
たいへん恵まれたことで有難い。

里神楽は、ほぼ巫女舞といってよく、
庶民から出た舞にしては、
たいへん、洗練され優雅な、品のある舞であった。
音楽はリズミカルで元気な感じであった。

その後、御神楽で、
こちらは神職がされるらしいが、
どちらかというと、宮廷雅楽の系列のようだ。

そして、どちらも眠いというのは、
上田正昭先生の仰るとおり。
たいへん、ぐっすり気持ちよく眠れます。
アルファ波出まくり?
       山猫屋@管理人

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック